睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中の無呼吸及び低呼吸により、

  1. 日中の眠気
  2. 体のだるさ
  3. 集中力の低下
  4. 運転中の居眠り
  5. 起床時の頭痛

などの症状が起こります。
また、睡眠時無呼吸症候群は、高血圧・高脂血症・糖尿病などの生活習慣病を引き起こすことも わかってきています。
当院では、携帯型モニターを装着することで、入院することなく簡単に、自宅で睡眠中に検査することができ、そのデータを解析します。
もし、上記と診断された場合、在宅で陽圧呼吸補助装置を睡眠時につけるだけで症状の改善がもたらされます。薬とは違い副作用は全くありませんし、旅行先でも手軽に持ち運びできます。
もちろん保険がききますのでお値段も手軽です。
もしひょっとしてと思われる方はお気軽に御相談ください。

睡眠時無呼吸症候群

このように、手首に専用装置を巻いてお休み頂くだけで、簡単に測定できます。